2024年5月21日火曜日

 2024年 あおもり藍の苗植えがスタートしました。


 2024年5月19日(日)から、「あおもり藍」の苗植えが始まりました。

 翌日からは青森北高等学校の生徒さんがボランティアで参加してくれました!


 元気な高校生の皆さんが、機械を超える凄まじい勢いで苗植えと水撒きを手伝ってくれました。青森北高校の生徒の皆さん、そして引率の宮本先生、千葉先生、大変ありがとうございました。
 これからも除草や刈取りなど様々な場面でのご協力をよろしくお願いいたします。















2024年4月12日金曜日

 青森県中小企業団体中央会の機関紙「中小企業あおもり」に紹介されました。

これまで培った藍染の独自技術や藍エキスの抽出特許を利用することで「あおもり藍」を本県を代表する一大産業に発展させることを目指し、青森銀行が弊社の株式を取得、人的支援、経営基盤強化支援、商品開発・販路拡大支援をおこなっていくこととなり、2024年4月から新体制がスタートしました。




2022年2月14日月曜日

【メディア掲載】あおもり藍コロナ予防「エキスにウィルス侵入阻害成分」


2022年2月11日(金) 東奥日報朝刊に掲載

近畿大学、東北医科薬科大学、富山大学、神戸大学の研究チームにより、あおもり藍エキスが新型コロナウィルスのヒト細胞侵入を阻害する成分があるとが発表されました。
 


2021年11月13日土曜日

『JDDW2021KOBE(第29回 日本消化器関連学会週間)』にて、弘前大学の浅利享先生によるあおもり藍の研究「蓼藍のDSS誘発腸炎マウスに対する粘膜保護作用の検討」の発表が、優秀ポスター賞と若手奨励賞のW受賞!

 

    写真向かって左:弘前大学医学部消化器血液内科(現 黒石病院内科) 浅利享 氏
          右:弘前大学医学部消化器血液内科 講師 菊池英純 氏

2021114~7日に神戸コンベンションセンターで開催された『JDDW2021KOBE:第29回 日本消化器関連学会週間日本消化器病学会、日本内視鏡学会、日本肝臓学会、日本消化器外科学会、日本消化器がん検診学会の合同学会』にて、弘前大学大学院医学研究科消化器血液内科学の浅利享先生が「蓼藍のDSS誘発腸炎マウスに対する粘膜保護作用」について発表されました。この研究はあおもり藍葉の腸炎に対する粘膜保護作用を研究したものです。

この発表について、同学会から優秀ポスター賞と若手奨励賞のW受賞という素晴らしい結果を得られました。

※研究内容は動物実験による結果であり、ヒトに対する有効性はまだ実証されていないことをご留意ください。


2021年8月20日金曜日

「SANYO SEWING × あおもり藍」の『本藍染コート』プロジェクトスタート!

 


今回展開する「本藍染コート」は、天然の素材のみを使用する “本藍染”の「あおもり藍」により手作業で染色した生地に、縫製からプレスまで各工程で最適な手仕事を施して仕上げる「サンヨーソーイング」コート専業50年の技術を駆使した、青森県でしか作れないコートです。 “新しいものに出会いたい” ”商品の背景を知って購入したい”という思いをもったお客さまに向けてご提案いたします。

また『Makuake』でのサイト上での展開に加えて、東京・青森の3か所(「伊勢丹新宿本店 本館2階=マクアケスペース」、青森駅前「A-FACTORY」、「サンヨーソーイング 青森ファクトリー」)に、試着してサイズやシルエット、色味などをご確認いただける展示スペースをそれぞれの期間で設置いたします。

 

Makuake』掲載ページURL

https://www.makuake.com/project/sanyosewing/

      展 開 期 間 : 820日(金)9:00929日(水)18:00


2021年6月24日木曜日

あおもり藍の成長と共に

 


あおもり藍の成長と共に、雑草も顔を出しております。除草剤等農薬を使わないため、細かく丁寧に雑草除去作業開始!



日本航空株式会社(JAL)の方々も応援に!本当に助かります。



2021年6月3日木曜日

2021年度『あおもり藍』苗植え完了!


 
機械化で効率化

日本航空株式会社の皆さんも応援に!

今年の苗は良好な成育です。

成長を楽しみに!